廃車手続きの豆知識 その方法、費用、注意点など

廃車手続きの豆知識

廃車手続を自分でやろうとお考えですか?
実は基本的な知識を知っていれば、それほど難しいことではないんです。

廃車手続には、一時抹消登録と永久抹消登録が有ります。それぞれについて記します。

一時抹消登録
一時抹消登録は、自動車として運行に使用しないのですが、車体は処分しないで保存して、
再度中古車新規登録を行えば、再び運行に使用することが可能です。


永久抹消登録
永久抹消登録は、スクラップとして処分する場合に行われる登録です。
自動車リサイクル法に基づいて、リサイクルの為の費用の支払いが生じます。


廃車手続き時は提出書類に、リサイクル料金預託証明書が必要となります。
廃車手続に必要な書類は、車検証(自動車検査証)、自動車税自動車取得税申告書、
抹消登録申請書、印鑑証明書と印鑑、代理人が申請する場合は委任状、
車検期間が残っている場合は還付金があるため、還付金の振込み先の
銀行口座か郵便貯金総合通帳の口座を用意する必要があります。

あとナンバープレートは、前後両方を返納。
抹消申請書は、一時抹消登録の場合、第3号様式の2、
永久抹消登録の場合、第3号様式の3のOCRシートで申請する必要があります。

費用面では、一時抹消の場合、350円の手数料がかかりますが、
永久抹消登録の場合、無料となっています。
永久抹消登録の場合は、リサイクル料金預託証明書も必要です。忘れないようにしましょう。

車検証の記載の住所が違う場合は、
現住所の住民票、2回以上引越しを行っている場合は、戸籍の附表が必要です。
廃車手続の申請は、現住所を管轄する陸運局で行います。

引っ越している場合は、移転登記を行わなくてはなりません。
基本的にはここまで自分で廃車手続の準備を進めると、かなりの節約になりますね。
その後の廃車手続は司法書士に頼んだほうが、二度手間などの無駄が省け、便利です。

ディーラーにしても中古車業者にしても、最終的な書類手続は「司法書士」に依頼するのです。
必要な経費としてみても良いのではないでしょうか。

廃車手続きで注意することは、リサイクル料金
基本的に車検の時にリサイクル料金は預託金として支払いますが、
廃車するからと車検を通さなかった場合であっても、リサイクル料金は支払わなければなりません。
また廃車するつもりで、解体業者に自分の自動車を引き渡しても、
その業者が廃車にせずに海外へ輸出してしまった場合は、
その業者から、リサイクル料金の返却を求めることが出来ます。

また車の盗難を受けた場合は、一時抹消登録をしておいてください。
抹消手続きを行わないと、自動車税が請求される事になりますので、必ず行っておいてくださいね。

※ 2007年10月時点での情報です。